マテウス探検隊の絶望日記

この地球に残された前人未到の地、それは地底。

地球空洞説を裏付ける幾つもの証拠を手に入れたマテウスは探検隊を組むことを決意。1年をかけて、メンバーを選び抜いた。

科学者、医者、探検家、ハッカー、博物学者、料理人、そしてマテウス(元軍人、現在は狩人)からなる、全員40代の、経験豊かな無国籍チームが誕生した。

マテウス探検隊は地底への入り口を求めて、幾つかの手がかりが示唆する南米、アマゾンの秘境に向かった。

アマゾンの奥地には未だ無数の伝説が眠っている。現代文明と触れずに狩猟生活を続ける部族がいる村や、20世紀に入っても数回目撃されている身長3メートル近い猿人の集団、ワニの皮を被った身長1メートルほどの部族など、想像を超えた世界が垣間見える。

google mapのその先の世界が、まだ広大な森の下に隠されているのだ。

マテウス探検隊が地底への入り口をこの地に求めたのは理由があった。少し長くなるが、順を追って話していこう。

1829年4月、地下世界に迷い込み、再び地上に帰還し、その体験を本にしたヤンセン親子は北極が入り口だと説いていた。彼ら親子は帰りには金塊とお土産を地下世界の住人(なんと身長4メートル!)からもらったそうだが、地上に出た時に嵐で船が沈んでしまい、金塊とお土産は海に消えてしまったという。

結局彼らは救助されたのだが、その時の場所から、地上に出てきたのは南極側からだったのではないかと言われている。

1947年にはアメリカ空軍のバード少将が北極上空を飛行中に、見知らぬ世界へ迷い込んだという報告がある。この時撮られた写真は赤い大地に巨大な無数の川の支流が蛇行しているのが写っていた。

また衛星写真で、北極に巨大な穴がある写真が撮られ、そこが入り口だと騒がれたこともあった(あれは撮影上のミスと言われている)。

だが、地球上の写真が衛星で余すところなく撮影され、一般公開されている今、北極、南極に入り口のようなものは発見できていない。

ならば地下世界などない、というのが普通の結論だろう。

ところが、だ。

2017年、マテウス隊長の元に1通のメールが届いた。それはある動物学者からのものだった。

「この土地はおかしい」

メールの件名にはそう書かれていた。マテウスはスパムかと思い危うく削除してしまうところだった。

しかし運命は彼とこのメールを結びつけた。

意図せずクリックして開いてしまった本文を読み進めると、差出人はアメリカの大学の動物学者エドワード・ティーチという人物だった。

彼はアマゾンの奥地で、巨大な猿の頭蓋骨を見つけたという。その大きさは頭部だけで1メートル。仮に頭が大きな種類だとしても、ゆうに5メートルは超える大きさだと推測された。

しかもその頭蓋骨は死後そんなに経っておらず、何者かに食われた残骸だということが判明したというのだ。

その後、現地にエドワードは1週間ほど滞在、周辺を探索した結果、驚くべき発見があったという。

周辺の動物の異常な大きさ(通常の2〜5倍以上)、そしてそれを捕食している何かがいることがわかったというのだ。

エドワードは、マテウスがかつて雪男の探索などのテレビ番組にガイドとして出演していたことを知っており、取材に来てほしいと考えてメールをしたということだった。

ではなぜ、これが地下世界への入り口と結びついたのか。

それはマテウスが長年研究してきたある結果が、エドワードの発見と結び付いたからだった。

この話は、また次回。

PAGE TOP